ドラマ「高嶺の花」第4話 ”不快”の声に驚きつつもなんとなく納得

最初に言っときます。

「あの・・部屋暗くしてもいいですか」

「女子か」

からの愛のことはじめシーン。

私はとても好きです。ぷーさんを愛しく思うももの気持ちがわかりすぎるし、押し倒す時のももの表情がもう・・包み込むような慈愛に満ちていて・・これにグッと来ない男は果たして存在するんだろうか?

石原さとみさんは4話放送前に見た始球式での”名投手”ぶりもそりゃあもうかわいかったんだけど、毎回仕上げてきてきっちり観客を楽しませる”プロの仕事ぶり”に感心する、というか惚れる。(女ですけど)

第4話を見てぷーさんが自転車少年に送ったメッセージのようにすっかり「ぽかぽか、うきうき」した気分になったわけですが、「不快」との声があがっていたのには唖然・・

日テレオンデマンドで最新話無料配信してます。期限があるのでお早めに。

第4話全編→8月8日21:59まで無料配信

見逃した方はこちらで→Hulu

ハマる人ハマらない人

夏は花火行ってプール行ってキャンプする人もいれば、暑い中外出たくない人もいるし、おでかけできない状況の人もいる。

ディズニーランドにワクワクする人もいればミッキーマウスが近くに来てもなんとも思わない人もいる。

ネガティブな言葉を思うままに発することができる人もいれば、あえてしない人、したくない人もいる。

ぐいぐい引っ張ってくれる自信に満ち溢れた男に惹かれる人もいれば、控え目だけど人の心のわかる優しい男に惹かれる人もいる。

・・と、まぁ当たり前だけど人間なんてみな違うわけで、お好みなんてもんは人それぞれ。

「不快」に思う人がいてもそりゃそうだよね、という結論に至った。

ちなみに同じく”婚約破棄”からスタートし、このドラマとよく比較対象になっている「サバイバルウエディング」

「共感できる!」「おもしろい!」「勉強になる!」と思う人がいることに実は驚いている。

別れた男と関係を結んでしまうところとか、人間の価値をブランド戦略に例えるところとか、あきらかに”モテ女子”なのに冴えない設定なとことか、断捨離の手伝いを女友達に頼むところとか・・とにかく共感できないことだらけで・・そればかりかちょっぴりイラっときていたから。

頭にはてなマークを浮かべながらもなんだかんだ見てしまっているのは、ようやくスポットライトを浴びつつある風間俊介さんが見たいからだけど、正直脱落寸前です、、

毎度毎度ことごとく好きなドラマが全く被らない妹はやはり「サバイバルウエディング」派。

もしかしたら・・結婚2回目であきらかな恋愛体質の妹とあきらかな非恋愛体質の私。

その違いもあるんだろうか??

「高嶺の花」第4話ふりかえり

第4話は1話からの火種があちこちでくすぶる中、また新たな火種の追加にびっくり。増えすぎた火種をどう収束していくのやら・・とりあえずふり返ってみる。

今日のぷーさん

3話のラストでももにキスされたぷーさん。

4話ではももを意識し過ぎて目も合わせられない。
でも悟られないようにこっそりチラチラ見ちゃう。
図書館では恋愛指南本をアタフタしながら借りちゃう。
コスプレ少女にガチ恋愛相談しちゃう。
大真面目に愛してるなら浮気はしないと宣言しちゃう。
ももに2度目のキスをされて膝から崩れ落ちちゃう。
部屋暗くしてもいいですかと聞いちゃう。

私は峯田和伸という人に魅力を感じていたわけだけど、その要素を抜きにした”ぷーさん”としての魅力は今思えばスタートでは弱かった。

なぜそう思うのかというと・・4話のぷーさんが・・強烈によすぎたから!!

このタイプが一般受けしないことはわかってる。

もうずっとこのタイプが好きで、「なんでこんな人?」「どこがいいの?」「ちょっときもい・・」などなどさんざん言われ続けてきたのだから。

そっか、ぷーさんに魅力を感じなければ、ももみたいな人がなぜ?と思っちゃうのかもしれない。

あくまで私のケースですが・・女性と接するのが苦手という方は、一定の距離を取って接してくれるので、ぐいぐい踏み込まれるのが苦手な人間としては居心地がいい、楽なのです。

ぷーさんはももといると楽って言ってたけど、ももにとってもぷーさんはきっと居心地のいい人なのだと思う。

ももに降りかかる火種

ぷーさんの高感度の上昇と共に、ただただガサツだったももちゃんがどんどん魅力的になってる。

そして・・婚約者に裏切られて心を病んでしまったと思われたももだけど、どうもそれだけじゃないっぽい。

4話で俄然異常性を増してきた家元、いろいろ欲深い妻ルリ子に、暴走が始まったなな。

さらにこのドラマの癒しパーソン・・と思っていたドライバーがまさかの実のパパって、、一体何があって父親と名乗れないのか?一体月島家はどうやって今に至ったのか?ももはどう育ったのか?

4話の月島家は闇が深すぎた、、

それにしても、ももは元カレ拓真のどこを好きになったんだろう?

ももの新しい恋を知ると、自分で浮気しておいて妊娠までさせたくせに「君はそんな人じゃない、そんな簡単に・・」だの「どんな人?」だの、なぜにこの男はこんな言葉が吐けるのか?

他のキャラクターはどこか憎めない要素もあるんだけど、唯一この男だけはダメと思うのはこの元カレと奥さんだけ妙に普通っぽいリアルさがあるからかもしれない。

奥さんに一見優しそうに事の顛末を聞き出す拓真を見ると1番恐ろしいのは実はこの人かもしれない・・と思った。

自転車少年

今日はやっと少年に笑顔が!!実はベビーフェイスだったのね。かわいい。

しかし、あの状況・・コードブルーの再放送を見ていたところだったので、ざわざわしてしまいましたが、予告で無事が確認されひと安心。

現代劇と思えない光景と博多華丸さんは、いろんな生き方があるなぁとシンプルに関心させられている、「ポツンと一軒家」みたい。

ここにきて異色の展開を放り込んできたこのパート。どうまとめてくるんだろう??

最終回目前!ドラマ「高嶺の花」結末は?伏線回収は?

ドラマ「高嶺の花」注目キャストは?登場人物まとめ

ドラマ「高嶺の花」第6話感想  実は最強?駒を操る棋士にも見えるぷーさん

ドラマ「高嶺の花」第5話まとめ まるで大映ドラマ?!意外な2人が殺傷沙汰に・・

ドラマ「高嶺の花」第4話 ”不快”の声に驚きつつもなんとなく納得

ドラマ「高嶺の花」第3話  初キス!「くまとぷーさん」は女の子のヨダレで汚れちゃう

ドラマ「高嶺の花」第2話「人は左から言われたことを信じる」実は策士?直人の言葉に心動く人々

ドラマ「高嶺の花」第一話は危険な伏線が交錯するごった煮エンターテインメント